こうすけの呟き

想いは言葉に。

待つ

風のいざない

触れることへのためらい 聴いてしまうことへの'そらし' 新しくて懐かしい 温もりへのとまどい 無防備に帰されて 私はなにを選ぶのか それを信じていいのか もう少し風に泳がせて 答えの時を待ってる