読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうすけの呟き

「遠くのブラウン管の向こうの有名人より、近くのリアルな知り合い」の存在のほうが励みになったりする。だからさらしてみる。

歌詞

永遠

あの愛の余韻が この胸を連れ出す 『ねえ、おいでよ。』 右往左往しながら 醍醐味を味わってる これがマイウェイ ゆっくり行こうぜ、気楽に。 どこにだって君はいる 解ってるから その光の方へ あの瞳の中へ 吸い込まれるように ボクら駆け抜けていく 旅の途…

呼吸

温かい布団に添うように 心置きなく身を委ねたい 肌の温もり思い出して 構えないで寄り添えるように 暗がりの中手を取り合って 目を開けて虹を渡った 握った手が温かくて 共鳴して思い出した 感情の波が寄せては返して 動けずに夢に生きた頃の 繊細な心の波…

ふたり

あなたの影ばかりを追い続けてきた 誰もが脆い生身の身体だと忘れていた すべてを受け入れてくれと当たり散らした 子供の頃に欲しかった無条件の包容 Ah きっとふたりで育んでいけるよね 眩しすぎて脅えていたありふれた幸せを あなたの速さに僕は並んで走っ…

美しき人生

美しき生命が惹かれ逢う度始まる 突然に訪れる感動の連続で 美しい君の空気に見とれる度 報われるように淀みが流れていく 今日という一日を貴方という一人を 代えられないものだと知って視線が定まる たくさんの息吹の鼓動を宿した 今の自分想うと勇気が湧き…

あなたに逢えたから

あなたに逢えたから 私は今ここに あなたに逢えたから 私は今私に 絶え間なく流るる時間よ 祈りの分だけ温みを 私の想いを早く届けに行かなくちゃ、行かなくちゃ・・・ あなたの肩にそっと降り積もっていく 優しさをみんなに見せたくて 溢れ出す音色がゆりか…

グラデーション

七色に光る空 街並変幻自在に束縛して端と端じゃ驚き グラデーション季節移るように 変わる代わる声色 君色加速していく気持ちすり替えて今日の空の色にダブらせて呼んで起こして眠らせて 隣り合わせ これは巡り合わせ天邪鬼も忍ばせ模様陽射し優しく和らげ…

タイムカプセル

灼けた素肌を撫でる白い手 音を嫌った僕を察してアイコンタクトとキス 「モノクロの無声映画みたいに色鮮やかな表情」 音のない小さな部屋は君の愛情で満ちている ただれた両の翼 一心に温めてくれたね 今にも泣き出しそうな細い手で 布団をかぶれば昔にタイ…

ブレイク

【持ち歌数十曲のうち、今年は何曲かは音源化したい!これやっとかなきゃあかん!!みんな〜、アレンジとか演奏手伝って一緒に歌創ってくれー。もういい加減、形にして放ちたい!】 アレだ、 睡眠1時間で仕事して その後今まで脳みそフル回転で 手書きでペン…

未来へ、

詞・曲:伊藤 康佑 大丈夫 散らかった今さえこらえて 巡るまで 声は 涸れても地這って 進むんだ 想像通りに飛ぶイメージ またひとつ 有り余る喜びに気 付いていく 未来へアシタへあしたへ あなたへ 許して 未完成を入れて その胸に 最愛 蒔いて 奮闘中 雨降…