読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうすけの呟き

「遠くのブラウン管の向こうの有名人より、近くのリアルな知り合い」の存在のほうが励みになったりする。だからさらしてみる。

帰り道

帰り道、

夜、プール帰り、


体を動かすことで、
邪気が水に溶けて、
次第に瞑想にも近い時間が流れるようになって、

 

バラバラで雑音にまみれた心身が削がれ、
統一されていくような感覚になって、


身体が少し軽くなる。

 


そして、

帰り道、

 


時間も気にせず、
ゆ~ったり歩いて、

 

存在を風に泳がせて、

できるだけ我を忘れて、

 

帰るべき場所に、
帰ることのできる場所に、
自分を待っていてくれる誰かがいる場所に、

ただ帰る。

 


ゆっくり、

ゆっくり、


まるで、

家に着いてしまうのを
惜しむかのように、

 

ゆっくり、

ゆっくりと。


家にたどり着くまでの帰り道。

帰れる場所があるからこその
その道中を気ままに泳げる幸福感。

 


帰り道、

好きな時間。


今はもう、

七色で透明な、


好きな時間。