こうすけの呟き

「遠くのブラウン管の向こうの有名人より、近くのリアルな知り合い」の存在のほうが励みになったりする。だからさらしてみる。

ふたり

あなたの影ばかりを追い続けてきた
誰もが脆い生身の身体だと忘れていた

すべてを受け入れてくれと当たり散らした
子供の頃に欲しかった無条件の包容 Ah

きっとふたりで育んでいけるよね
眩しすぎて脅えていたありふれた幸せを


あなたの速さに僕は並んで走っていくよ
近くに居れる喜びをささやかに感じながら

時が経ち俺もあなたも様を変えていくだろう
だけど変わらない己(らしさ)にいつまでも癒されてる 
あなたの

いざとなれば優しい不器用な瞳(め)の奥に揺れる
愛情に溢れ育った時間を二人で繋いでいこう 


信じて傍にいてくれるかい
胸躍る時間(とき)を一緒に紡いでくれるかい
いつも暖かく射す 陽の当たる場所見つけて
病めるときも健やかなるときもどんなときも
その手を握りしめて 生きていこう


そっと心閉ざしてしまう時もいつでもあなたの味方でいる
あなたの側で俺は生きていく 帰る場所はあなたの心


きっとふたりで育んでいこうね
ありふれた俺達でありふれた幸せを ありのままのふたりで

ありのままのふたりで