こうすけの呟き

想いは言葉に。

7時のバスの中で

宿命を呪うでもなく

愚かさを嘆くでもなく

 

迷って積み重ねた末に

拓け 道を

 

人生100年時代

まだまだこれからだろう?

 

静寂に 空白に

自らに問いかける

 

「本当は何が欲しい?」

 

今日も西へ東へ

 

今をありがたく味わいきれること

目指して