こうすけの呟き

想いは言葉に。

瞬きのうちに

天気が良くなって
誰かの孵化する音を聴いてたら
君を護り抜けばよかったと声がした

 

同じ涙を流したふたりが
離れた訳はなぜ

 

奇跡はありふれて ある
あの形は どこにも ない

 

後悔を翼に変え 羽ばたいていく
運命はひとりじゃない

 

そうぼやきながら
まだ僕は夢の中