こうすけの呟き

想いは言葉に。

日常

常ならざることに

気づいた時

 

今日が

くるおしいまでに

いとおしいことを

 

いとおしむべきもの

だということを

 

知る

 

 

終わらない夢に

 

別れを告げる

 

時が来る

 

 

道半ばの今と

 

和解する

 

声がする