こうすけの呟き

想いは言葉に。

天国への階段

一度の人生に

何を呆けているのか

 

あるはずの優しさを

隠さないで届けて

 

理想郷を今

目の前に

 

立つ鳥跡を濁さずの気持ちで

いつも居られたら

 

 

温められたはずの

心と体

 

これからはもう

言い逃れはやめよう

 

私が発する熱を待つ

誰かに

 

もう

 

届けなくちゃ

 

 

自作のうた、はじめました。

https://m.youtube.com/channel/UCFOrqwaucjoUOfpCvUPbHwg