こうすけの呟き

想いは言葉に。

少し、でも。

膨大な時に

絆に

感情に

 

むせびかえっては

 

求め続けるんだ

 

ひとりきりを望むことは

したくないんだ

 

 

歌や詩をいいわけにしないで

話そうと思うんだ

 

でも

歌にも頼ろうと思うんだ

 

それを

許してほしいんだ

 

掬いきれないで

ひび割れてしまう何かに

染みるような

 

温度で

さすりたいと願うんだ

 

感じること

 

自分なりに

できると思ってるんだ

 

少しでも

なにか

 

 

少しでも

 

優しいなにか

 

を。