こうすけの呟き

想いは言葉に。

混じり気のない私

思いがけない色が

私の色を濁す

 

私はそれを

 

何度も受けいれる