こうすけの呟き

想いは言葉に。

関係性の持続

出逢った瞬間、恋に落ちる

衝撃的な距離の縮め方をする

魅力的な言葉でドラマチックを演じる

 

そして

 

幾度か呼吸をするうちに

過去の登場人物になる

 

一方で

 

なんとなくだけど

付かず離れずよりは付かず寄りで

接し続ける

 

普段着の装いで

テンションはフラットである

 

ぴったんこかんかんではないが

なぜか会おうと気は向く 

 

話すことがある

過ごせる時間がある

 

いつまでも泣いている人がいる

どこまでもステキに笑ってる人がいる

 

嫌い足りないとわめく声がする

愛の言葉はなくても愛してるささやきを聞く

 

何を求めて生きるのか

 

この世の無慈悲さを憂うのか

この世の素晴らしさを歌うのか

 

濁を飲み込み清に向かうのか

 

悲しみの訳にはもう

佇むことはできない

 

世界の歓喜

まばゆいばかりに私を照らしている