こうすけの呟き

想いは言葉に。

日常

眠るまで

わかったようなこと言ったって 要はさびしいだけ わかったようなこと言うのは 言い聞かせてるだけ してほしかったこと してもらえないから 誰かにしてみようとしてるだけ 愛とか夢とか永遠とかを むやみに使うのは 日常に味気なさを感じている裏返し あるは…

関係性の持続

出逢った瞬間、恋に落ちる 衝撃的な距離の縮め方をする 魅力的な言葉でドラマチックを演じる そして 幾度か呼吸をするうちに 過去の登場人物になる 一方で なんとなくだけど 付かず離れずよりは付かず寄りで 接し続ける 普段着の装いで テンションはフラット…

凡庸

不慣れを重ねて 日常に変わる 演じて演じて旅をして 自分に帰っていく 突風に煽られて 奪ってもらおうなんて期待は 影を潜めていく 劇的な奇跡より 安らかな凡庸を 自分の足で着実に踏みしめていく 飽きのこない平凡を

同じ空間の中で

話したいわけじゃない べったりであることもない 同じ空間の中で 接していたい すぐさま言葉でもない 表情はゆるやか かなしくはない 突飛な躍動もない ここに キミとボクがいるだけ それだけで それこそが だから、/イトウコウスケ。 www.youtube.com