読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうすけの呟き

「遠くのブラウン管の向こうの有名人より、近くのリアルな知り合い」の存在のほうが励みになったりする。だからさらしてみる。

永遠

あの愛の余韻が

この胸を連れ出す

『ねえ、おいでよ。』

 

右往左往しながら

醍醐味を味わってる

これがマイウェイ

 

ゆっくり行こうぜ、気楽に。

どこにだって君はいる

解ってるから

 

その光の方へ あの瞳の中へ

吸い込まれるように

ボクら駆け抜けていく

 

旅の途中ですれ違う

誰かの鼓動に煌きながら

 

名もない今日だって

まだ繋げない手だって

想い続ければ

明日に繋がっていく

 

焦がれた青写真以上に

声失くすくらい

全ての時間が輝いていく

 

 

これがふたりの恋だって

これがふたりの愛だって

想い 重ねて

 

どれも運命なんだって

どれも永遠なんだって

想い  返して

 

視線の先に君がいる

胸の中に仕舞いきれない心と 

その続きがある

 

見果てぬ夢がいつだって

この胸を駆り立て

その愛に届くように

何度も声を鳴らす

 

時も感情も越えて

今すぐ逢いたい

そのままの貴方に

 

またとない今なら

やがては去りゆくなら

間際にひとりならば

どうか寂しくないように

 

いつまでも求めやまないもの

ささいな暮らしに

生きてるあなたの匂い

 

どれだけ感じ合えるだろう

どこまで出逢い  活けるだろう

 

その光の方へ あの瞳の中へ

吸い込まれるように

ボクら駆け抜けていく

 

旅の途中ですれ違う

貴方の鼓動に煌きながら

 

名もない今日だって

まだ繋げない手だって

想い続ければ

明日に繋がっていく

 

焦がれた青写真以上に

声失くすくらい

全ての時間が輝いていく