こうすけの呟き

想いは言葉に。

記憶_141126

ふと立ち戻る時
あの熱が私を包む

 

透き通る身体
錯綜する感情

 

すべてが夢のような
確かな現実

 

どこまでも鈍く 鋭敏に
記憶は重なり、拡がり、

 

内側をノックする

 

今日はどの扉を 開けてみよう