こうすけの呟き

想いは言葉に。

その黒は うるしを塗ったようにつややくために 夜を貪った 何億光年 はるか 祈りは 忘れた頃に しかし 亀のあゆみのように確実に 刻まれる