こうすけの呟き

想いは言葉に。

巡り巡れば

日本は四季が特徴的だから

季節は巡るとか言えるから

救われる

 

黙っていても

自分以外の変化を

如実に感じる

 

 

巡り巡れば

 

遠い

遠い昔に

別れた人とも

 

また

始めることができることも

あるかもね

 

一度枯れた葉が

春に再び花をつけるように

 

 

 

グラデーション/イトウコウスケ。

https://m.youtube.com/watch?v=hNNmgGv91go&t=77s

 

 

 

 

これくらいの

悩むな、考えろ

 

悩みは堂々巡り

考えは解決法の模索

 

 

関係ないけど、

 

先始めててと

咲き始めてての

 

誤変換したなう

 

こういうのなんか好き

 

 

真夏日

 

食べちゃおうかどうしようか

 

朝、食べたっちゃ食べてきたのに

 

とか思いつつ

 

通勤で歩く道すがらの店で買って

食べた焼きたてのカレーパンが

めちゃうまかったぜ…

 

少し灼かれるような

陽射しを浴びて

 

 

季節と140円がくれる幸せ

 

オレはこれくらいで十分だなあ

 

 

 

けだるい湿度/イトウコウスケ。

https://m.youtube.com/watch?v=2bnx2cXherM

 

Be simple.

意味があるとかないとか

無駄なことはないとか

糧になるとか

 

仕方がなかったとか

相性がどうだとか

そういう流れだとか

 

しまいには

運命がなんだとか

前世がどうだとか

 

人はいろいろ言うけれど

実際あるものはあるのかもしれないけれど

 

それに黙って身を任せ続ける気はないんだよ。

 

人智を越えた何か大きなもの

あると思う

ないと言いきることは浅はかだと思う

 

そんな大きな何かに

身を委ねることもある

 

 

が、

 

大きな何かの力は感じながらも

 

意思を持ち、道を拓こうという気概が好き。

 

 

結局、自分次第かと。

 

定石では歩まなかっただろう

道なき道を創り行くことだってある

 

受け取り方、

起きた事象をどう捉えるか

それをどう活かすかなんて

 

自分次第でしょうよ。

 

屈服するもひとつ、

糧にするもひとつ。

 

どっちが楽しいかねえ。

ラクかねえ。

ハッピーかねえ。

 

 

確かなもの

移り行くもの

 

形を変えて在り続けるもの

 

 

人生は変えられる

 

そういう考え方を採用している。

 

 

不動の答えはなくてもいい

 

大きな何かを介さなくていい

 

 

話し合っていける

交わしていける

探し続ける

 

小さなボクらがいればいい

決めていけばいい

 

見えない明日をじゃれ合おう

うまくいかなくても笑い合おう

 

 

何十年かの経験則を横に置いて、

壮大な理屈も忘れて、

 

世の中なんて語らずに

また話そうぜ。

 

 

最近いい陽気よね。

陽射しが気持ちいい。

夜、風が心地いい。

 

ふらっと、ぼーっと

話したり黙ったりして

一緒に歩きたい。

 

それって、

最高じゃんね。

 

 

 

永遠/イトウコウスケ。

www.youtube.com

しなやか

人と自分は『違う』前提で、

 

『それなりにきちんと話さねば

相手には伝わらぬ』前提で、

 

だけど、『話せば分かるだろう。

が、分からなくてもまあいいだろう。』

と構え、

 

 

人の話しを聴くばかりでもなく、

 

自分が話し続けるばかりでもなく、

 

 

なにかを盲目に信ずるでもなく、

 

支障をきたすほど疑うでもなく、

 

分からないことはわからないままに

しておけるような潔さを持ちながらも

 

知りたいことは諦めず

探求したりしなかったりして、

 

 

ってなバランス具合で

 

自分が出来うる限りの持ち味を発揮し、

 

笑える方向に向かう気でいて、

 

 

自力だけじゃなく

 

周りに頼ったりしながら過ごしてれば

 

 

少しずつ、だが確実に

道から逸れていくような

 

身体の芯が

緩慢に冷えいくような

 

どうにもならない

鉄の孤独、

みたいなことにはならないような。 

 

 

本意なことをできたらいいよね。

 

 

回り道や間違いや不幸を選ぶ自由が

 

ないとも言えないけどもさ。

 

 

でもさ、

 

やっぱりムリなく

 

笑ったあなたに会ってみたいよ。

点と線

点と点が線に結ばれる瞬間を

 

線が点と点に分かれる旅立ちを

 

 

力み固まり咲こうと呻く嘆きを

 

ほぐれ比較を捨てまっすぐ立つ静寂を

 

 

なけなしの声で色で言葉で

 

つなぎ

 

分け

 

 

躍動と鎮魂を願ってる

 

 

ほんの一部の

 

とあるひとつの点にすぎなくても

 

 

見つめてる

 

触れようとしてる

 

さすろうとしてる

 

 

祝福のうちに包まれるよう

 

祈ってる。

 

 

 

だから、/イトウコウスケ。

https://m.youtube.com/watch?v=bW57_bb9nNg&t=2s

 

 

 

友よ

そうそう、

 

路上をやろうと、

いつも自分の楽曲のキーボードを弾いてくれてる友が

自腹で路上用のキーボードを買ってくれた。

 

これもとてつもなくうれしい。

 

路上もそうだけど、

土手沿いの草原の上で

外でただ歌うのもいいよねえなんて

話してたり。

 

ひとりギターでかき鳴らすだけだった

ところから

ピアノを添えたもらった瞬間って

すごく感動的で。

 

誰かが言ってた、

最小単位はひとりじゃなく

 

「ふたり」

 

だ、なんて言葉を思い出すような。

 

 

CD作成後は、PVも作りたい。

 

世界の美しさ、

どうしようもなく感動的だったことなんかを、

 

表していきたい。

 

 

星の隙間/イトウコウスケ。

www.youtube.com