こうすけの呟き

想いは言葉に。

けだるい湿度

けだるい湿度を

ふたりで駆け抜けよう

思いのままに 息をきらして

 

誰もがいたるところで

愛してると歌っている

そのメロディで

優しさひとつ灯して

 

泣き笑いのステージ

なんてとてもステキ

雨も陽の光も

元を辿ればひとつさ

 

傘をひらいて

君と寄り添って

濡れないように 

近くに 歩く

 

長いようで早い

ふたりをわかつまで

駆け足で過ぎ去っていく今を

 

君と共に

 

 

何気ない毎日に

ただそこで呼吸している

それぞれの思い 

たまに口にしたりして

 

雨音 窓の外 

「さわらない」それも愛

ただ感じてるだけ

いつでもすぐ動けるように

 

目を開いて 

大事ななにかを

見失わぬように 

キミをかざす

 

本当にほしいものが 

たとえ未完成でも

もしそばにあるのなら oh 

 

味わっていたい

 

 

巡り行く季節はまるで ボクらを試すように

どこまでも遠いキミに 思いを馳せて

 

 

傘をひらいて

君と寄り添って

濡れないように 

近くに 歩く

 

長いようで早い

ふたりをわかつまで

駆け足で過ぎ去っていく今を

 

君と共に

けだるい湿度(1番)

けだるい湿度を

ふたりで駆け抜けよう

思いのままに 息をきらして

 

誰もがいたるところで

愛してると歌っている

そのメロディで

優しさひとつ灯して

 

泣き笑いのステージ

なんてとてもステキ

雨も陽の光も

元を辿ればひとつさ

 

傘をひらいて

君と寄り添って

濡れないように 

近くに 歩く

 

長いようで早い

ふたりをわかつまで

駆け足で過ぎ去っていく今を

 

君と共に

伝う、雫(もうひとつの破片)

遠くの空を連れてきた

君を知ろうとしていた

 

できるだけ

先を決めずに

 

感情を飛ばし

手をかける 

 

破れた肌を伝う雫

 

必要ない

もう

必要ない

 

言葉で

心で

その胸で

その想いで

 

私を奪ってくれ

 

待ってたよ

 

もういいだろう?

産まれてきた喜びに打ち震えて、啼け(破片)

星の隙間にキスをして

紡ぐようにたぐり寄せる

 

それでも

すり抜ける

 

音もなく

たたずんで

 

乾いた肌を伝う雫

 

必要ない

もう

必要ない

 

言葉で

心で

この腕で

この想いで

 

貴方を奪いに行く

 

大丈夫さ

 

大丈夫さ

日常

常ならざることに

気づいた時

 

今日が

くるおしいまでに

いとおしいことを

 

いとおしむべきもの

だということを

 

知る

 

 

終わらない夢に

 

別れを告げる

 

時が来る

 

 

道半ばの今と

 

和解する

 

声がする

記憶_141126

ふと立ち戻る時
あの熱が私を包む

 

透き通る身体
錯綜する感情

 

すべてが夢のような
確かな現実

 

どこまでも鈍く 鋭敏に
記憶は重なり、拡がり、

 

内側をノックする

 

今日はどの扉を 開けてみよう